Mercuryの通販は こちら

オンラインショップの4種類について違いを解説します!

ブログランキング・にほんブログ村へ

こんにちは、Mercuryブログ担当です!

今回は、オンラインショップの4種類の違いについて解説します!

違いを知っておくと用途に合わせたオンラインショップの選択ができますのでオススメです!

目次

1.テナント型

テナント型とは、オンラインショップを取りまとめるサイトがあって、それぞれ出店したいオンラインショップがサイトの場所を借りて販売している型です。

代表的なものだと楽天やヤフーショッピングがあげられます。

ショッピングモールと実店舗のような関係性となります。

お店のサイトに遷移することができるため、1つの店でテイストを揃えて様々なアイテムを揃えたいときに便利です!

2.マーケットプレイス型

マーケットプレイス型とは、それぞれのお店からの出品単位で販売されている型です。

代表的なものだとAmazonがあげられます。

アイテムごとに買いたいものを選ぶので、各アイテムを別々の販売者から購入しやすい点は便利ですが、テナント型のようにお店のテイストで商品を選ぶわけではないので、インテリアなどの組み合わせには、センスが必要です!

3.フリマ型

フリマ型とは、フリーマーケットのように個人間で売買をする型です。

代表的なものだとメルカリやラクマがあげられます。

現状だと、アプリ内で取引を行うものが多いです。

個人間の取引で回転数も速いため、規約違反の商品が混ざっていることもありますが、出品者の方の不用品が販売されるので、お得なアイテムが多いです!

支払いの部分は有名アプリだとしっかりしているので、荷物が届かなくてお金だけ取られるようなことは今のところありません。

4.自社サイト型

自社サイト型は、商品を販売する会社自体がサイトを持って運営している型です。

代表的なものだと、ニトリネット、Anker、Uniquloなどがあります。

実店舗のお店と一緒で、一つのお店の商品を扱うため商品数が豊富ではないこともありますが、サイトを自由にデザインや商品を設定できるため、組み合わせを考えたショッピングが可能です!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Mercuryブログ担当です。
フィリピンで2年サバイバルをした後、Mercury事業に参画
美に関する情報や、通販に関わる情報の発信をしていきます!

スノードロップ(Snowdrop)
スカルプ・ヘナ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる