Mercuryの通販は こちら

中年太りは何歳から?中年太りしない人の共通点や改善方法をご紹介!

ブログランキング・にほんブログ村へ

歳をとればとるほど、10代や20代と比べて太りやすくなったと感じる方は多いのではないでしょうか。
いわゆる「中年太り」は、加齢とともに増える悩みの種。

40代、50代になるとますます中年太りの悩みは加速傾向になり、食事を制限していても減りにくくなったと感じてしまうかたが多いです。

そんな「中年太り」は、いつから中年太りなのか?
また、太ってしまった場合の脂肪を落とし方や、中年太りにならない人の共通点などをご紹介します!

目次

中年太りはいったい何歳から?

中年と聞くと、40代~50代からのイメージになりますが、「中年太り」は、いつからが中年太りという明確な年齢はありません。
だいたいは普段運動していない人であれば、30歳以降から中年太りの確率が上がります。

いつでも中年太りになりうる

30歳からだと、まだ若いのに中年太り?!と思っちゃいますが、近年では身体を動かさないデスクワークが増えてきたのにも原因があります。
外出もせず、1日の大半をイスに座っていると、必然的に運動量は減り、脂肪が燃焼されなくなるので太ってしまいます。

中年太りの原因

中年太りの原因は、年齢別によっても様々あります。
それぞれの原因を突き止めることから対策を練っていきましょう。

30代女性の中年太りの原因は基礎代謝の低下

10代~20代はたくさん食べても太らずダイエットをするとすぐに体重は減っていたのに、30代になると食事制限をしていてもなかなか減らない・・・。

これは、基礎代謝の低下が主な原因です。
30代になると、10代~20代のころより活動量が低下することによって、エネルギー消費量も少なくなり、基礎代謝が低下してしまいます。

この基礎代謝が低下している状態で、10代~20代の頃と同じ量を食べていると、消費されずに脂肪へと溜まっていって太ります。

また30代は、運動をせず食事制限だけをしてしまうと筋肉が減り、基礎代謝が減る結果となり、ダイエットをしたつもりが逆に痩せにくい体になります。
なので、30代で太りにくく痩せやすい身体になるためには、食事・運動ともに気を付ける必要があります。

40代女性の中年太りの原因はホルモンバランスの乱れ

40代の女性は、仕事に家事、子育てと大忙しなことが多く、運動や睡眠の時間がしっかりとれないなど、ストレスが溜まってしまいがちです。
心身ともに疲れてしまう方もいるので、40代の中年太りはホルモンバランスの乱れが大きく関係しています。

寝ている間に身体をメンテナンスする「成長ホルモン」や、睡眠を誘う「メラトニン」、ストレスを緩和して幸せにしてくれる「セロトニン」など、身体がリラックスするために必要なホルモンがありますが、日々ストレスを受けているとホルモンバランスが乱れてしまいますます。
また、年齢とともに減少することもあり、ホルモンバランスの乱れも重なって中年太りの原因になります。

50代女性の中年太りの原因は閉経による男性化

日本人女性の閉経は、一般的に50歳頃と言われています。
50代女性の中年太りは、閉経すると女性ホルモン「エストロゲン」の減少にともなって、男性ホルモンの値が多くなる「女性の男性化」が原因となっている場合があります。

女性ホルモンで抑えられていたコレステロール値が上昇し、基礎代謝の低下も重なって太りやすくなるのです。

中年太りしない人の共通点

年齢別によって中年太りの原因を見ていきましたが、年齢問わず、いつまでも身体が引き締まっていて美しい方はいらっしゃいます。
このような中年太りをしない人の共通点は何でしょうか?

  • 糖質や脂質を抑えた食生活
  • 食べるスピードがゆっくり
  • ジュースやお酒を飲まない
  • ストレスを発散できる趣味がある
  • 腸内環境が良い
  • 早寝早起き
  • こまめに動く・運動する習慣がある
  • こまめに体型をチェックしている

中年太りをしない人は、まず生活習慣が整っています。
糖質や脂質が多いもの(ジャンクフード)などを極力食べなかったり、ジュースやお酒は控えて、ストレス解消もしっかり行っています。

中年太りをしない理由は、生活習慣を大切していることが主な共通点となります。

太りにくい体質を作るには基礎代謝を上げること

ジョギング
ジョギング

どの年代にも言えることですが、太りにくい体質を作るには基礎代謝を上げることが重要になります。
下記を参照して、太りにくい体質をつくることからはじめましょう!

有酸素運動+筋トレ

基礎代謝を上げるには、有酸素運動と軽い筋トレが効果的です。
有酸素運動は、筋肉への負荷が比較的軽く、酸素を使って体内の糖・脂肪をエネルギーに変える運動です。
ウォーキングやジョギング、水泳、ヨガ、サイクリングといった運動が有酸素運動です。

有酸素運動をある一定の時間続けると、体は脂肪をエネルギー源として消費するようになり、血液中のLDLコレステロールや中性脂肪、体脂肪の減少が期待できます。

さらに、有酸素運動をする前にスクワットや腹筋などの筋トレを行うことにより、脂肪がさらに燃えやすい状態になります。
基礎代謝を上げるには、筋肉をつけることも重要になります。

適正な食生活

炭水化物を避けタンパク質の摂取

まず炭水化物は避けましょう
炭水化物は、三大栄養素のひとつでエネルギー源ではありますが、摂りすぎると消費されずに糖に変換されて、身体の中で中性脂肪として身体に蓄えられます。

炭水化物は体内で分解されて、ブドウ糖として血液中を流れます。
大量に糖が流れてしまうと血糖値も急激に上がってしまい、肥満の原因となるインスリンが大量に出て血糖値を下げようとします。
この状態にならないためにも、主食として私たちが愛してやまないご飯やパン、うどん、パスタなどの炭水化物には糖質が多く含まれているので、摂取量に気を付けましょう。

炭水化物よりも摂ってもらいたい栄養は、タンパク質です。
タンパク質が不足してしまうと、筋肉が減ってしまう原因にもなるので、しっかり食事から摂ることが重要です。
また、髪の毛を作る際にも細胞を作る際にもタンパク質は使われるので、身体には必要不可欠。
肉類、魚介類、豆、大豆製品、卵、乳製品など、タンパク質が多く含まれる食べものを積極的に摂りましょう。

睡眠をしっかり摂る

身体にとって肝心要の睡眠はしっかり摂ることを心がけてください。

睡眠不足や眠りの質の低下も、中年太りの原因になります。
睡眠不足になると、睡眠中に多く分泌される成長ホルモンの分泌量が減り、代謝が低下して太りやすくなってしまうのです。

アメリカの研究では「睡眠時間が7~8時間の人に比べて、少ない睡眠時間の人は、より肥満になるリスクが高くなる」というデータがあり、どうやら睡眠不足は過食につながってしまう傾向にあります。
「5時間以下の睡眠時間だと太りやすくなる」「寝すぎも太る」という実験データも発表されていますので、バランスいい睡眠を心がけ、睡眠時間は7時間程度とるようにしましょう。

健康的な身体を手に入れよう!

人にはなかなか言えない悩みに「中年太り」がランクインする現代では、中年太りは他人事ではなく誰もが可能性のある悩みのひとつです。
年代別でも原因は様々ありますが、やはり生活習慣を整えることが大事なことです。
自分の身体と向き合って、体調を整えていくことが美と健康を手に入れる第一歩なので、上記でご紹介した健康法を基に、美しい身体へ近づけていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Mercuryブログ担当です。
フィリピンで2年サバイバルをした後、Mercury事業に参画
美に関する情報や、通販に関わる情報の発信をしていきます!

スノードロップ(Snowdrop)
スカルプ・ヘナ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる