Mercuryの通販は こちら

【要注意】白髪で毛先だけ白い理由と5つの改善方法教えます!

ブログランキング・にほんブログ村へ

何気なく鏡を見たら、「あれ、髪の毛先だけが白くなってる?」と思ったことはありませんか。
手で触ってみても光の加減とかではなければ間違いなく髪が傷んでいるサインです。
ではなぜこんな症状が起きるのでしょうか、起こる原因とそうならないための対策について紹介します。

目次

白髪だけではない、毛先だけ白い正体とは?

白髪だけではない、毛先だけ白い正体とは?のイメージ

髪に出る白い点のような部分の正体は、髪の表層の保護膜であるキューティクルを突き破って出てきた、髪の内側の繊維質です。


髪はケラチンというタンパク質の繊維がいくつも重なった束状に形成されています。
この繊維がちぎれてしまうと、束状のまとまりを失い、繊維がキューティクルの外側に飛び出すことがあります。

この部分が白く見えるのが、毛先や毛の途中が白くなる理由なのです。
理由はわかりましたが、安心はできません。
と言うのも、この状態は髪にひどいダメージが蓄積されている証拠であるからです。

毛先だけ白くなる直接的な原因とは?

髪の内側の繊維質が外側へ露出する主な原因として、外部からの直接的なダメージが考えられます。
紫外線によるダメージやドライヤーやヘアアイロンの熱などが髪に加わると、その影響で髪の表面が剥がれてしまうからです。


髪の内部には、髪のしなやかさを保つ水分や髪色を支える色素が豊富に含まれています。
そのため、髪の内部の繊維が外側に露出すると、水分や色素が流れ出してしまい髪質が悪くなります。


ダメージがひどくなると、繊維が光を反射して毛先が白く見えるようになります。
なお、一度傷ついた髪を元通りに修復さすることはできないので、髪をきれいに伸ばしたい人は髪をダメージの原因から遠ざける必要があります。

毛先だけ白くなる間接的な原因とは?

毛先だけ白くなる間接的な原因とは?のイメージ

紫外線やカラーリング、パーマ、ブリーチなどは髪を傷める原因になりますが、これらの直接髪に作用する原因以外でも、髪へのダメージは起こりえます。

代表的な原因としては栄養不足や加齢、ストレスなどが考えられます。それぞれについて確認しましょう。

  • 栄養不足

ふだんの食生活で栄養の偏りがあるとき、また過度なダイエットや減量によって必要な栄養素が足りないとき、髪を保護する層、キューティクルが薄くなります。
キューティクルが薄くなった髪はダメージに弱くなり、髪の繊維も飛び出しやすくなります。

  • 加齢
  • 歳をとっていくとホルモンバランスが崩れやすくなり、髪が傷む原因につながります。
  • ストレス

ストレスが溜まっていくと血管を収縮させ、血行不良を招いてしまいます。

血行不良になると血液を介して全身に栄養を行き渡らせるはたらきが鈍り、髪をつくる頭皮内の毛根にも必要な栄養素が届きにくくなります。

栄養素が届かなくては髪もうまく成長できず、細く弱々しい髪が伸びる原因になります。

白くなれば髪を切るしかない

髪のダメージの結果、というと「ケアをすれば直るのではないか」と考えるかもしれませんが、伸びて外に出ている髪の毛は既に死んでいる細胞です。

死んでいる細胞を回復させることはできないので、髪の繊維質が露出してしまった部分も直すことはできません。
また、部分的に破損している状態ですのでトリートメントの補修効果も期待できません。
対処方法としては白くなっている部分より少し毛根寄りの部分でカットするしかありません。

毛先だけ白くなる間接的な原因とは?

毛先だけ白くなる間接的な原因とは?のイメージ

白髪が出来てしまった場合は白髪の部分を切るしかありません。
今後そうならないためにも予防に力を入れていきましょう。

直接的なダメージを防ぐ

カラーやパーマ、ブリーチする回数はなるべく抑えて、髪の毛のダメージを軽減しましょう。
紫外線は外出時に帽子をかぶる、炎天下で外に出ないなどの工夫で対策しましょう。
また、先に挙げた直接的ではないダメージ要因については、それぞれの問題点にあわせた対処で予防効果を期待できます。

栄養不足の解消

ジャンクフードを食べたり、コンビニの弁当を食べたりしていると食生活の偏りがでてきます。
食事バランスを考えて配慮していきましょう。
またダイエットや減量時にはふだんよりもさらに栄養バランスへの配慮を心がけましょう。

加齢に対する予防

誰しも加齢に逆らうことはできませんが、加齢による悪影響には予防を試みることは可能です。
帽子などで紫外線から頭皮を守ったり、バランス良い食事を心がけることで加齢による髪のダメージを軽減できます。

ストレスの解消

ストレスをため込んでしまうのはやめましょう。
趣味など没頭できることを見つけたりして発散していきましょう。
ストレスによる悪影響は主に血行不良です。
軽い運動でもストレス発散になったりしますし、同時に血行促進も期待できるのでおすすめです。

ヘアケアに対する予防

良かれと思っているヘアケアもダメージの原因となります。
髪は熱だけでなく摩擦によるダメージにも弱いので、シャンプーする時や髪を乾かす際にゴシゴシと擦ると髪同士が傷ついてしまいます。
髪の毛をいい状態に保つためには、キューティクルへのダメージをいかに最小限に抑えるかが重要になってきます。

シャンプーやタオルで髪を乾かすときは髪同士を擦らないように注意しましょう。
一方、どれだけ配慮してもキューティクルへのダメージを完全になくすことはできません。
ですがトリートメントやコンディショナーを使うことでキューティクルの傷を補い、髪の内部にある水分や色素が失われることを防げます。

【要注意】白髪で毛先だけ白い理由と3つの改善方法教えます!のまとめ

いかがでしたでしょうか?

記事の内容をまとめると、

  • 白髪が出来てしまったら切るしかない
  • 白髪になる原因は直接的と間接的な原因がある
  • 白髪にならないための予防をする

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Mercuryブログ担当です。
フィリピンで2年サバイバルをした後、Mercury事業に参画
美に関する情報や、通販に関わる情報の発信をしていきます!

スノードロップ(Snowdrop)
スカルプ・ヘナ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる