Mercuryの通販は こちら

無料でできる若ハゲ対策をご紹介!

ブログランキング・にほんブログ村へ

こんにちは、Qoo10担当です。

今回は、お金をかけなくてもできるハゲ対策について紹介させていただきます。

髪の毛の悩みは、年々拡大しており、「若いから安心」という時代ではなくなりました。

お金をかけるのは抵抗がある。ハゲ対策にかけるお金を捻出するのが難しいという方はぜひ今回紹介する対策をお試しくださいませ!

若ハゲとは

若ハゲとは、正式な言葉としてあるわけではないのですが、若くして髪の毛が薄い状態になっていることを指します。

通常であれば、加齢とともに髪の毛の抜け毛が増えたり、AGAになることで脱毛サイクルが早まって髪の毛が薄くなりますが、近年では若い人でも抜け毛が増えてしまったり、髪の毛が伸びきる前に抜けてしまい、薄毛を引き起こしてしまっています。

髪の毛が抜けるメカニズム

髪の毛は1か月で約1cmほど伸びていき、6年ほどかけて成長していきます。

髪の毛には、成長期、退行期、休止期の3つの段階があり、それぞれ6年、1か月、3か月ほどかけてそれぞれの段階を経ます。

成長期では、髪の毛が成長していき、退行期では髪の毛が成長が弱まっていきます。

休止期になると、髪の毛の成長が止まり、脱毛を迎えます。

この流れをヘアサイクルといいます。

若い人の抜け方の違い

学生は、限られたコミュニティーの中で生活をしていて、人間関係や食事を自分で調整できなかったりするので、ストレスで髪の毛が抜けることもあります。

AGAであったり、遺伝によって髪の毛が薄くなることもありますが、ストレスを分解して、原因を探って対策をするのがオススメです。

若い人の対応の違い

若い人はそうでない人に比べ、使うことのできるお金が限られています。

サプリを摂ったり、薬を飲んだり、発毛サロンに通うことで、薄毛の対策を取ることができますが、お金が限られているとできることも限られてくるので、結局何もできていないという方も多いのではないでしょうか

今回は、無料でできる対策を紹介しますので、若ハゲにお悩みの方はぜひお試し下さい。

目次

無料でできる対策の紹介

では早速、無料でできる対策を紹介させていただきます。

詳しくは、自分自身の負担は0円(無料)※家族の力は借ります。となりますのであらかじめご了承お願いいたします。

食事編

若い方々!日々の食事は気にして食べてますか?

自分は若いころ、栄養のことは何も考えず、思うがままに食事をしていました。

朝ごはんに菓子パンを食べていませんか?

夕食にカップラーメンを食べていませんか?

自分の身体は、食べたものでできますから、食べ物は非常に大事です!

身体の大事な部分に栄養が行ってこそ、身体の先の毛にも栄養が行きますので、食べ物には気を使いましょう。

炭水化物、タンパク質、ミネラル、ビタミンをしっかり考えてバランス良く食べるようにしましょう

間食やジャンクフードを食べてしまっている方は、ゆで卵やバナナに置き換えるのはいかがでしょうか?

固形なので、腹持ちも良いのでスナックやジャンクフードを食べてしまっている人は置き換えると良いでしょう。

また、最近はコンビニの弁当も非常においしく、手軽に購入できることから、1日の食事で食べられている方もいらっしゃるかもしれません。

保存料や着色料もあるので、家に料理をしてくれる方がいる場合は、作ってもらえるよう相談してみましょう。

生活習慣編

続いては生活習慣編です。皆さんはしっかり睡眠をとっていますか?

推奨の時間は7~8時間ですが、日々とるようにしましょう。

また、睡眠時間がしっかりとっているからと安心するのは危険です。

睡眠の量だけではなく、質も気にするようにしましょう。

お風呂からあがったあとすぐに寝たり、コーヒーを夜中に飲んだり、ベッドで寝る前にスマホを使用していませんか?

就寝前に脳が興奮してしまうと、深い睡眠に入るまでに時間がかかるので、しっかり身体や脳をリフレッシュしきれません。

スムーズに就寝につけるよう、寝る前の行動に気を付けましょう。

頭皮環境編

続いては頭皮環境についてです。

頭皮環境が荒れてしまうと、赤くなったりかゆくなったりと悪いサイクルができてしまうので注意が必要です。

若い人だと、特にワックスやジェルなどを髪の毛につけていたり、夜に取り忘れたまま寝るなんてことをしてませんか?

毛穴をふさいでしまったり、枕と擦れたときに絡まって圧がかかって髪の毛が抜ける原因にもなるので注意しましょう。

また、ワックスやジェルを落とすために洗浄力が強力なシャンプーを使っている方もいるかもしれません。

洗浄力が強いシャンプーで洗うと皮脂を取りすぎてしまい、頭皮環境の悪化を招いてしまいます。

朝、洗浄力の強いシャンプーで皮脂を取った頭皮に日中の日光があたれば大ダメージです。

頭皮を気にする場合は、整髪剤はなるべくつけないようにして、朝のシャワーはお湯のみで行う湯シャンにとどめるようにします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる