Mercuryの通販は こちら

【きれいな髪になりたい】傷みにくい髪の毛の乾かし方!

ブログランキング・にほんブログ村へ

毎日シャンプーした後に欠かせないドライヤーでのブロー。
しかし、ドライヤーの熱や、乾かし方で髪の毛が傷んでしまったり、抜け毛の原因になってしまうとはしばしばあります。
欠かせないブローだからこそ、正しい乾かし方で髪の毛を労りながら乾かしましょう!
その方法をご紹介しますので、毎日のセットに取り入れてみてください。

目次

髪を乾かす前にすること

シャンプー後の濡れた状態から、ドライヤーをするまでに必要な工程があります。
どんなことをすべきか?ご紹介します。

1.タオルドライは優しく、しっかり水気をとる

お風呂から上がったあと、髪もタオルでふきますよね。
その時に頭をワシャワシャと強めに拭いてしまうと、髪に摩擦が起こり、痛みの原因になってしまいます。

強めに拭くのではなく、摩擦が起きにくいように優しく拭いてあげましょう。

2.間隔が広いくしでコーミング

分け目を作るため、歯と歯の間隔が広いくしで髪をとかしましょう。
その際に、目の細かいくしを使うと、引っかかってダメージの原因になります。

濡れている状態の髪は、すごく繊細なので強くくしを動かすのではなく、ここも優しくを忘れずに。
手ぐしで髪の毛のもつれをとかすのもいいでしょう。

3.洗い流さないトリートメントで保護

ドライヤーの熱から髪の毛を保護するために、ドライヤーの前は洗い流さないトリートメントをつけましょう!
トリートメントをつけることで、熱や摩擦から髪を守り、パサツキを抑えることができます。

洗いなさないトリートメントをつけるときは、手の熱で少し温めた後、毛先を中心につけましょう。

髪に優しいドライヤーの手順

髪を乾かす前の工程が終わったら、いよいよドライヤーの出番です。
髪を優しく乾かすにはどのような手順が良いのかを紹介しますので、順番を意識して乾かしてみてください。

1.根元から乾かす

ドライヤーのはじめは、まず根元から乾かすことが大切です。
根本や襟足は乾きにくく、湿ったままにしておくと雑菌が増殖しやすくなってしまいます。
またハネの原因となるので、根本からしっかり乾かしましょう。

しかし、しっかり乾かそうとしてドライヤーを近づけてしまうのはNGです。
髪の毛から15〜20cmほど離して、小刻みに振りながら髪の毛に風を当てましょう。

2.髪全体を乾かしていく

根本が乾いてきたら、髪全体を乾かしていきます。
その時に髪の毛をゆっくりと引っ張りながら乾かしましょう。
根元から毛先に向けてゆっくりと乾かすイメージで、優しくは常に忘れずに!
80%ほど乾いてきたかな、と思った時くらいまで、強温風で乾かします。

3.弱風〜冷風で仕上げる

髪全体が乾いてきたら、弱風に変えてヘアスタイルをセットします。
セットが終わったら、冷風で髪を冷ましましょう。
これで、髪に優しいドライヤーの完成です。

まとめ

いかがでしたか?毎日する工程だからこそ、髪を優しく乾かすことが大切です。
もちろん、髪が傷む原因は様々あり、正しいドライヤーをすることで傷まない訳ではありませんが、これらを意識して極力ダメージを少なくしてあげましょう。
健やかな髪ライフで、スタイリングをよりいっそう楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Mercuryブログ担当です。
フィリピンで2年サバイバルをした後、Mercury事業に参画
美に関する情報や、通販に関わる情報の発信をしていきます!

スノードロップ(Snowdrop)
スカルプ・ヘナ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる