Mercuryの通販は こちら

コロナ脱毛が気になる方へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

こんにちは、Qoo10担当です。最近、問い合わせが増えてきているコロナ脱毛ですが、これがコロナ起因のものか、それとも天性的なものか、判断がつかない方も多いかと思いますので、今回は天性的な薄毛を科学的に調べるツールを紹介させていただきます。

目次

コロナ脱毛はあるのか

コロナにかかったことにことによって、脱毛が目立つようになった。ワクチンを打った後に脱毛が目立つようになった。

このような問い合わせを良く頂くようになりました。

コロナにかかると、ワクチンを打つと脱毛が起きるのか、絶対的なことは我々にも分かりません。

○〇を食べるとお腹が痛くなる、○〇を飲むと熱が出る、というように人それぞれなところがあるので、なんとも言えないのです。

それに加え、生活環境の変化で体感のあるストレスだけでなく、体感のないストレスも増えているので、コロナ=脱毛と結び付けるのは難しいです。

ただ、コロナにかかわれた方で脱毛が増えたという声自体は多数いただいております。

遺伝子検査について

Mercuryオンラインでは、AGA遺伝子検査というものを販売させて頂いております。

AGA遺伝子検査では、脱毛に関する下記の項目を確認することができます。

AGAリスク

AGAは男性型脱毛症のことであり、AGAになると脱毛のサイクルが早まってしまうため前頭部または頭頂部が薄くなるという症状がでます。また、この症状は体内でジヒドロテストステロンの影響により起こります。

そのAGAになるリスクを遺伝子検査で確認することができます。

フィナステリド効果

フィナステリドとは、AGAの薬の一種で、ジヒドロテストステロンを生成の元になる5aリダクターゼを阻害することができます。ただ、フィナステリドの効き目も個人差があるため、フィナステリドが有効かどうか検査により確認することができます。

過酸化脂質リスク

過酸化脂質の除去に関する遺伝子を調べることができます。過酸化脂質は、皮脂などの脂質が酸化することでできるものです。この過酸化脂質の溜まりやすさから、AGAリスクを確認することができます。

血流リスク

血管のダメージに影響を及ぼす遺伝子を調べることができます。
アミノ酸の一種であるホモシステインの濃度が高いと血中リスクが高まるのですが、このホモシステインの濃度を確認することができます。

注意事項

検査前

カフェイン、ニコチン、ポリフェノールの摂取は控えましょう
口の中を水で10秒~20秒ゆすいでおきましょう
摂取棒をケースから出す際に先端に触れないように気を付けましょう

検査中

左右の保保の内側に10回転ずつ摂取棒を当てましょう
摂取棒は10分~15分放置して室温で乾かしましょう

まとめ

コロナの前後で脱毛が気になっている方は、遺伝子検査を受けると、脱毛の原因が可視化できたり、心理的負担を軽減することができると思います。

周りでコロナ前後の脱毛に困っている方がいましたらぜひご紹介くださいませ

また、薬を使わずに育毛したい方にはサプリのPPEがオススメですので、こちらもぜひご確認くださいませ。

あわせて読みたい
スーパースカルプPPE比較 ノコギリヤシとは ノコギリヤシとはアメリカにあるヤシの一種で、海外では前立腺肥大症の治療薬として使われています。 HGPとは、Hair Growth Peptideの略で、卵黄由来の新規育毛成分を原料化したものです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

効率を求めた身体づくりに興味あり
日々、健康な身体と脳を維持するため奮闘しています。
最近は日光を浴びるように心がけています。

スノードロップ(Snowdrop)
スカルプ・ヘナ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる